Laravelベースで使いやすい!OctoberCMSのインストール~採用ページができるまで~

わたなべです。
先日公開した弊社リクルートサイトはご覧頂けましたでしょうか!
recruit
絶賛採用中です!頑張って作ったので応募してください👀

さてさて、今回リクルートサイトを構築するにあたって、
OctoberCMSというLaravelベースのCMSを選定しました。

GitHub上ではWordPressに次ぐ第二位の人気(スター数)を誇るCMSらしいです。
ただ日本ではあまり認知度がないように思えます。僕も知りませんでした。
october_01

公式サイトにもある通りシンプルなCMSなので、
今回のような小規模なコンテンツには最適ではないかと思います。
Laravelをベースにしているので癖もなく、とても使いやすいプロダクトだと感じました。

WordPressも検討したのですが、
更新頻度を考えるとややオーバースペックなことや、
テーマ作成の学習コスト等から、今回はデメリットが上回ると判断しました。

適材適所ですね。OctoberCMSのようにシンプルだと、痒いところに手が届きます。


今回のブログですが、OctoberCMSの日本語資料がまだまだ少ないので、
インストールの手順を備忘録として残しておこうと思います。
(正直詰まるようなところは無いと思いますが、念のため…)

◆下記URLからzipファイルをダウンロードします。
http://octobercms.com/download
◆zipファイルを解凍して、Webアクセス可能な場所に配置します。
october_02

 

◆install.phpにアクセスすると、システムチェックが開始されます。
october_03

 

◆OctoberCMSの動作要件を満たさないと、以下のとおりエラーになって先に進めません。
october_04

 

◆さて、要件を満たしたらライセンス同意して先に進みましょう。
october_05

 

◆データベースの設定と管理者アカウントの作成を行います。
MySQLの他にSQLite、PostgreSQL、SQL Serverにも対応しています。
october_06
october_07

 

◆アドバンス設定で管理画面のURLを変更できたり、暗号キー等の変更ができます。
october_08b

 

◆初期にインストールされるサイトの選択です。
[Start from scratch]を選ぶと、デモテーマがインストールされます。
大抵は自分でテーマを作成すると思いますので、scratchを選択すると良いでしょう。
october_09
参考までに他の選択肢ですが、
[Start from a theme]は4つの公式テーマから選んでインストールします。どれも使いやすいテーマなのでこちらもオススメです!
[Use a project ID]は公式HPで発行できるOctoberアカウントを使用してインストールします。Octoberアカウントを発行すると、有料プラグインの購入や、構成をテンプレート化して使いまわせる機能等が使用できます。

◆設定が終わるとインストールが始まります。
october_10

 

◆成功すると、上からカエデの葉っぱが降り注いで祝福してくれます笑
october_congratulations
10分くらい眺めてました👀

 

◆ここまで終わったら、必ずインストールファイルを削除しましょう。
october_12


◆それでは、早速アクセスしてみましょう!
今回は[Start from scratch]を選択しているので、
デモを兼ねた使用方法の説明ページが表示されました。
october_13
ファイル構成の説明やよく使う関数の説明が記載されているので、よく読みましょう!

 

◆URLの末尾に/backendを付けてアクセスすると、管理画面が表示されます。
(アドバンス設定で変更している場合はその通りではありません)
先ほど指定した管理者アカウントでログインします。
october_14

 

◆管理画面はデフォルトだと英語ですが、右上のBack-end preferencesで日本語に変更できます。
october_15

 

◆ロケールだけでなくタイムゾーンも変更しておきましょう。
october_16

これでインストールは終了です!
この後はプラグインの導入や、テーマを作成して構築を進めましょう。


以上、今回のブログではOctoberCMSのインストールまでを取り上げました。
もう少し突っ込んだ内容も後日書きたいと思います!ではでは👀

作者 Jun Watanabe

2010年11月ORATTA入社。エンジニアリーダーと名刺には書いてました。

コメントを残す