PHPerKaigi 2018にランチスポンサーとして参加いたしました!

こんにちは、PHPエンジニアの立花です。
先日開催されましたPHPerKaigi2018にランチスポンサーとして弊社も参加いたしました。

PHPerKaigiとは

PHPerのPHPerによるPHPerのためのイベントです。

PHPerKaigi(ペチパーカイギ)は、現在PHPを使用している、過去にPHPを使用していた、これからPHPを使いたいと思っているエンジニアが、技術的なノウハウを共有するためのカンファレンス(イベント)です。

PHPerKaigiの様子

二日間に渡る大規模なイベントとして開催されました。
参加された皆様の熱量が高く、中身の濃い充実したイベントとなっておりました。

PHPerKaigi2018では、様々な切り口からトークセッションが行われました。
登壇された方のスライドは下記になります。
どのトークセッションも大変素晴らしいものだったと思います。
個人的に特に印象に残ったトークをあげさせていただきますと後藤さんのSOLIDの原則って、どんなふうに使うの? と郡山さんのBEAR.Sundayです。

 

後藤さんのトークでは、SOLID原則の1つであるオープンクローズドの原則の適用方法を解説いただきました。

拡張が容易で修正が発生しないような設計をどのように行うか、新人PHPerと先輩のやり取りを通じて説明され大変わかりやすいものでした。
プログラマーの方であれば、大量のif文やswich処理が羅列されたコードを一度は見たことがあるかと思います。リファクタリングしようにも、既存のコードをテストで保護して安全に改修していくことは本当に大変です。
最初の設計時点でオープンクローズドの原則を適用することの大切さを改めて考えさせられました。

郡山さんのトークでは、自作されたオープンソースフレームワークBEAR.Sundayの紹介でした。
DI、AOP、Restfulを3軸とした設計思想の説明がありまして、疎結合で再利用可能、変更容易なソフトウェアとはどのように設計されるべきかという智見が得られる内容になっておりました。チュートリアルは30分程度とのことですのでBEAR.Sundayをぜひとも一度触ってみたいと思います。

 

また、弊社ではHack/HHVMの導入を検討したことがあり、竹澤さんのHackで作るマイクロフレームワークも興味深く拝聴しました。

LUNCH SESSION

弊社はランチスポンサーとしてランチを提供させていただきました。
スタッフの皆様のお力添えにより無事デプロイ完了!
 
ランチは3種類。どれも美味しそうです。
 
ランチスポンサーとして弊社の渡辺も登壇しました。

WBMP(ワイヤレスビットマップ)ビューアーを作ろうという挑戦的な試みでした。

力を抜いて聞ける面白い内容になっていたと思います!

最後に

弊社では、一緒にゲームを作っていける仲間を募集しております。
面白いゲームを作りたいという熱い思いをお持ちの方、ぜひとも弊社の採用面接にお越しいただければと思います。(採用はこちらから